スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんて30代 
口数も少なく、いつも控えめな班長さん。視線を落としてぎこちない話し方で「残業どうですか・・・?」と聞いてくる姿が微笑ましく、思わずニコニコしながら見守っていたら、一瞬目線を上げた班長さんが私の表情に気づきそれに釣られたのか、一瞬満面の笑みを見せてくれたのを私は見逃さなかった・・・!それは本当に一瞬でその事には一切触れずに、すぐまた目線を落として残業の話の戻ってしまったのですが・・・。

あの一瞬の笑顔に癒された。余計な事を言わない・聞かないその奥ゆかしさも素敵。

スポンサーサイト
お幸せに(´;ω;`) 
保護してから4日目の今日、引き取ってくれる事が決まった職場の子に子猫を託してきました。配所の頃は「いつでも都合のいい時に・・・」「お腹の虫を駆除を確認出来たら・・・」なんて事を言っていたいたのですが、「いつでも大丈夫」との事だったので一刻も早く引き取って頂く事にしました。これ以上一緒にたら、手放せなくなってしまいそうで・・・。

夜になってその子から、写メ付きのメールが届きました。私じゃない、新しい飼い主さんに向かって鳴いている子猫・・・。なんだか少し悲しくなりました。
でも私にも幸せにしてあげなきゃいけない子がいるのだから。

4日振りに部屋の出入りが解禁になり、茶トラ相変わらずのマイペースですが、いつも部屋の外で鳴いていた白ちゃは異常にハイテンション。部屋中を駆けずり回り、今は疲れ果てて久々にベッドの上で眠っています。子猫がいる間は寝返りをうって子猫を潰してしまわないよう座椅子で仮眠を取る生活だったので、今日は私も久々にベッドで眠れます。白ちゃと一緒に。
その後の経過 
白ちゃは二回目のワクチン接種も済ませ、新たに何か起こらない限りは当分病院のお世話にはならずに済みそうです。Pちゃんが来てネコ同士の社会性が芽生えたのか、噛み癖がすっかり無くなり少し大人びた雰囲気をかもし出すようになりました。 

茶トラは相変わらず目ヤニが酷く、それが落ち着くまではワクチンを打つ事が出来ません。白ちゃと遊んでいるときは部屋中を走り回って元気いっぱいなのですが、人に抱かれるとクタクタぬいぐるみのようにグデーっと大人しくなってしまうので、具合が悪いのかな?と心配になってしまいます。

私の汚肌事情はというと、あせもらしき箇所が悪化してしまったので慌てて皮膚科へ行って来ました。ついでに顔の吹き出物の事も言ってみたら、あせもで処方される塗り薬を顔にも使えばOKと言われたので、ついでに治療中です。薬のおかげなのか、一週間前くらいから飲み始めたチョコラBBプラスのおかげなのかは分かりませんが、以前と比べて大分良くなったように思えます。

今週はネコの病院と自分の病院にも行かなければいけないので、忙しくなりそうだ・・・。今後もかさむ出費に対応できるよう、節約を意識して生活しないといけないな。丁度仕事も繁忙期に入るので、頑張りますよ!
ねこねこねこ 
070825_0006~001.jpg

一昨日の金曜日の晩、ゴミ集積所のネットの中にいた雌の子猫を保護しました。手を差し出してもシャーっと威嚇してくるし、何より水分が足りてないのか猛烈に息が臭かった・・・。プニプニのはずの子猫の肉球は皮がめくれ上がっていて、体の皮膚はガサガサしていてとても痒そう。お腹の中から虫の卵も見つかったし、うちにきた3匹の中では一番小さいし状態が良くなかったです。

今でこそ私の傍らで遊んだり眠ったりするようになってくれましたが、最初に来た時は凄く怖がって、部屋の隅っこから出てきてくれませんでした。寝ている時以外はもうずっと鳴き続けていたので、母親の所に帰りたいんだろうな・・・今からでも元の場所に置いてきた方がこの子にとってはいいのかな・・・と凄く悩みました。

猫がこれまでの経緯を説明してくれるのなら話は別ですが、母猫がいるとは限らない場所に置き去りにしてくるわけにもいかないし、たとえ母猫がいたとしても私は子猫を返してあげられないと思う・・・。人から餌を与えられて飢えに苦しむ事がなくても、外で生活している限り交通事故や、自然に癒える事のない病気が沢山あるのだから。それが最善なのだと自分に言い聞かせました。

私自身以前猫を飼っていた時は自由に家の出入りをさせていて、しかもそれが猫にとっては一番幸せなんだと思い込んでいました。好きな時に好きな所に行けて自由気ままに生きられたのだから、それはそれで幸せだったのかもしれません。でもその代償として寿命を真っ当する事無く、たったの8年間しか生きる事が出来ませんでした・・・。
だからといって室内飼いの猫が不幸なのか?というと、今はそんな事微塵も思いません。外に出られない事が不幸でないのなら、わざわざ危険が多い場所へ行かせて命を縮めているだけという事になります。本当に馬鹿でした。

そんな大事な事を失ってから気づき悔やみ、それ以来動物とは縁の無い生活を送っていましたが、今年の7月初旬に家族が増えました。飼うと決めたからには飼い主としての自覚と責任を持って、猫達が本当に幸せでいられるようにしてあげたいと思っています。
その為には自分が面倒を見切れる範囲を見極められないといけないと思う。今は毎週のように動物病院へ通っているので正直経済的に余裕はありません。幸い私が働いている工場の子が、以前から猫を飼いたいと言っていたので声をかけたところ、かなり前向きに考えてくれるようなので里親探しはしなくても済みそうです。もちろんその話が白紙になっても里親は探し続けますし、貰い手がつかなければ最終的にはうちで面倒を見るつもりです。その時は本当に脱喪どころか、この先の人生を猫に捧げなければいけなくなりますが・・・。

正直猫を飼う様になって「脱喪しよう!」という気持ちがすっかり無くなってしまいました。そらもう綺麗さっぱりと。そうなるとこの「脱喪計画」というブログ名と内容が更にかけ離れたものになってしまうので、閉鎖する事も考えたのですが、その日あった事を書き残す事や、それを読んでくれている人がいるという事、コメント欄を通じて人と関われるという事が私にとっては大げさな言い方かもしれないけれど、生きる張り合いのようになっているので、この先も肩身は狭いですがひっそりと続けていけたらいいなと思っています。
RPG 
ニコ動でゲーム音楽のピアノ演奏をよく聴いています。そうすると無性にRPGがやりたくなってくるのですが、新しいのに手をつける前につまみ食いRPGを消化しないとなぁ・・・。

先日1年間放置プレイしていた幻水5をやっとクリアしました。長く寝かせ過ぎたせいか、EDを見ていても積みゲーのひとつを消化できた事に対する安堵感しか感じられませんでした・・・。幻水5には好きな男性キャラがいなかったというのも、楽しめなかった大きな原因に思えます。今まではお気に入りのイケメンPTでラスボスに挑むというのが恒例だったというのに、幻水5に限っては主人公以外全員女性キャラでした。
ちなみに最終PTは主人公・リオン・ミアキス・シャルミシタ・サギリ・ゼラセさん。「戦うのは好きじゃない・・・」とこぼすサギリだけが、唯一フル稼働でした。

次は終盤まで進めてある幻水3(2週目)をクリアする予定。それ以外のつまみ食いRPGは、FF7・FF8・FF10・クロノトリガーです。FF系は結末を知っているので多分このまま永久放置。クロノトリガーが終わったら新しいのやっちゃうヽ(`Д´)ノ
アーッ! 
070814_2338~001.jpg

070818_2305~001.jpg

多頭飼いをするにあたり、オス同士というのは相性があまり良くないと書いてあったので心配していたのですが、お互い子猫同士というのもあってすぐに仲良しになってくれて安心しました。

先住猫はまるで母親かのように、小さい茶トラのの後を付いて周り、餌を食べる時もトイレに入る時も、いつでも見守っています。
上から押さえつけてまで無理やり毛繕いをしてあげようとしているのを見ると、不器用ながらもPちゃんに対する確かな愛情を感じます。気持ちよく寝ている茶トラにしたら、「何このウザ猫!」って感じなんでしょうが・・・。
汚肌事情 
今年の5月頃から汚肌化が進み、未だに落ち着く気配がありません。今も顎から頬にかけてブツブツと酷い状態。「そのうち元に戻るだろう」と大して気にもしていなかったけれど、鏡を見る度憂鬱な気分になってしまう程の酷い顔面事情。外見では唯一「肌綺麗だよね」と褒められていたというのに・・・。お世辞だって人から言われる事なんてそうそうないんです。だから、なんとしてでも元の状態に戻してあげたい・・・。

そう思い、とりあえずチョコラBBプラスを与えてみる事にしました。食事のバランスが悪かったり、慢性的な睡眠不足だったり、思い当たる原因は他にも沢山あるのですが、とりあえず今すぐ出来る事をしてみようと思った次第であります。
それと明日から今まで多用していた制汗スプレーの使用を、止めてみようと思います。老廃物を排出し切れていないから吹き出物が増えるのかな?という素人判断なので、とりあえずは暫く様子をみるつもりです。

現状の状態。
a.jpg


元の画像のままだとあまりにグロく悲しくなったので、少しソフトな印象になるよう手を加えてあります。これでもね・・・(´;ω;`)

顔面の吹き出物に加え、今は至る所にあせもらしき赤い斑点を全身に蓄えております。これにも市販の薬を塗ってみてはいるのですが、場所によってはあまり効果が見られないので、もうちょっと様子をみてから皮膚科へ行ってみるつもりです・・・。生理で免疫力が落ちていたというのもあるかもしれないけれど、それにしたってこれは酷い・・・。
手の甲にも虫刺されの跡のように、ブツブツと赤い斑点が出ているので、もう人前に出る事さえ苦痛です・・・。やっぱりなるべく早く病院行くべきなんだろうな・・・。せっかく1か月分の薬処方してもらったのに、意味なし(´;ω;`)
毒女の集い 
夜中の1時まで居酒屋にいて、寝たのが3時過ぎ。それから11時間、爆睡してしまいました。今日は涼しかったせか目覚めると猫ちゃんが傍らで寝ていて、ホワワンとした気分に。一緒にゴロゴロしていたらまたいつの間にか眠っていてしまっていました。私にしては明らかに寝すぎ。前日の6時間もの居酒屋滞在が、相当堪えたんだと思う。人と会うという事は、こんなにも体力を消耗してしまうんだなぁとちょっと感動しました。

その6時間の間に何度か私自身の事について聞かれた事もありましたが、語る程の過去も将来のビジョンもない私は手短に返答を済ませ、それ以外の時間はひたすら人の話に耳を傾けて過ごしました。
けれどあまりに沢山眠りすぎたせいなのか、後から何を6時間も話していたのか思い返そうとしても、殆ど出てこない。多分重要な事なんて殆ど話していないんだと思う。それなのに6時間も居酒屋に居続けられる女達。これには驚愕です。

その中で印象的だった話。
「男の人から貰った事のあるプレゼントは?」という話題で、皆がエピソードを交えつつ披露していたのですが、私以外の人全員が過去に男性から花束を貰った事があるという衝撃の事実・・・!花束どころかプレゼントを貰ったことさえない私は、心底驚きました。だってあのシャイな日本男児が照れながら花束を差し出すシーンなんて、そうそう簡単に想像出来ません。花束を女性に渡すなんて、プロポーズに匹敵するくらい勇気がいる事なんじゃないでしょうか?

そんな物凄い体験を、私以外の全員が経験しているという・・・。私以外は彼氏が居た事があって、私以外はセックスした事があって、私以外は「男は何より経済力」と言う。でも現実を知れば夢を見る事も出来ないというなら、今のままでいるというのもそう悪くはないな・・・と思いました。
明日の予定 
明日は珍しく呑みに誘われたので行ってきます。と言っても、私はお酒よりもコーラ派なのですが。もういい加減年齢だけはいい大人なので、少しくらいは嗜める様になりたいとは思うのですが、コンスタントに呑む機会がないので、どうにも体が慣れません。

その呑み会は以前ファミレスにも行った事もある、独身女性ばかりの小規模な集い。でもファミレスの時にはいたけれど、今回は意図的に声をかけられなかった天使と悪魔の顔を持つカワイコちゃん。私はこの呑み会の話が持ち上がった時にその場に居合わせなかったので詳しい事情は分かりませんが、その子には声をかけていないと釘を刺された事から、多分今回の話題の中心はそのカワイコちゃんなんだろうなぁと察しました。
こういう大っぴらに出来ない様な集いは、後ろめたさを感じてしまうので極力避けたいのですが、場を選んでいるとなかなか仕事以外で人と関わる機会を作る事がでいないので、その辺は割り切って行ってこようと思います。
また・・・ 
やあ (´・ω・`)
ようこそ、脱喪計画へ。
この麦茶はサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。


2.3日前だったと思う。夏期休暇中なので日にちの感覚がない・・・。
夜中の1時過ぎ、妹と一緒に近所の自販へジュースを買いに行きました。その日は快晴だったようで「珍しく星が沢山見えるね」なんて、ロマンチックな話をしながら歩いていると、フェンスの向こうからブサイクな猫の鳴き声が聞こえてきました。ド下手な猫の鳴きマネのような、うるさい鳴き声。その時は大して気にせず、そのまま自販機に向かいました。
帰り道私達の存在に気づいたのか、またその猫が鳴き喚きだしました。鳴き声があまりに大きかったので、不思議に思って声のするフェンスの方へ近寄ってみたら、フェンスの隙間からヒョッコリと顔を覗かせた

070813_0415~001.jpg
猫です・・・。また・・・。

3ヶ月になる最初に拾った猫ちゃんと比べるとかなり小さく見えるけれど、拾った当時よりはこの赤茶猫の方が大きいので、生後2ヶ月強ってところでしょうか・・・。なんにせよ、この子もガリガリです。
家に連れ帰って部屋に放してみると、部屋にいた猫ちゃんそっちのけでおもむろに用を足し始める赤茶猫。そしてやっぱり猫ちゃんそっちのけで餌をむさぼる。
餌はともかくいきなりトイレを使われたのには、私もビックリ。猫ちゃんも呆然と赤茶猫を見つめていました。

最近の猫って教えずとも、見知らぬ家のトイレを何の躊躇も無く使えるもんなんでしょうか・・・。ちょっと感動してしまいました。
夜逃げ 
何気なしに兄のブログURLを踏んでしまい、暫くして気づきました。
兄もFC2ユーザーであった事に・・・。

身内に知られるのを恐れた私は、ログのバックアップを取ってすぐさまブログを解約しました。改めて考えてみると知らて困る程、赤裸々な内容っていうわけでもないのですが・・・。エロ動画鑑賞しているところを目撃された事のある私ですから、大抵の事は乗り切れる気がします。まぁでも、知られなくて済むのならそれに越した事はないですし。

過去の記事の画像が抜けている以外は、前と同じ状態になったと思います。
最近暑さにやられてなかなか更新サボリ気味ですが、なんとかしますので今後ともよろしくお願いします。
 
昨晩至福の耳掻きタイム中に、ベッドの下から突如飛び出してきたネコちゃん。
そしてそのまま耳掻きにアタック!
それはそれは本当に痛かった・・・。
痛みとショックで、のた打ち回りながら泣いてしまった。
恐る恐る綿棒を入れてみると、綿棒の先端が真っ赤に染まっていた。
耳の中が出血するなんて生まれて初めての経験ですから
それがまたショックで、真っ赤に染まった綿棒を眺めながらまたシクシクと泣いてしまった。
コテッ 
070805_1637~001.jpg


うちに来た時からずっと、ねこちゃんの中で「だるまさんが転んだ」がブームです。
物陰からヒョイっと顔を出して目が合うと、ねこちゃん硬直。
また物陰に隠れると、その間に前進してきます。
そしてまた目が合うと硬直。その繰り返し。
普通の「だるまさんが転んだ」と違うのは、ギリギリまで近づいてくると飛び掛ってきます。
「やんちゃで怖がり」という性格なので、大抵は自分から襲い掛かってきておいて
空中ジャンプしてる間にもう体は反転、そのままどこかへ走り去っていきます。
たまに本気で驚いて、全身の毛をボワッと逆立ててしまう事も。

今は目が合うとお約束かのように、いつもこうやって遊んでくれるけれど
あと何年かしたら目が合ってもプイッと、見向きもされない時が来るのかな・・・と思うと
なんだか少し寂しいです。まぁ、まだまだ先の事なんですけどね。
後10分で私の就寝時間ですが、今日はねこちゃん全く寝てくれそうな気配がありません。
長い夜になりそうだ・・・。
ウホッ 
「へんし~ん」
070804_2208~001.jpg


人の歌を聞くのが好きだけれど、カラオケに行く機会がそう無い私にとって
YOUTUBEやニコニコ動画は宝庫です。
ニコニコ動画の「歌ってみた」系動画は本当に凄い!
元ネタを殆ど知らない私が聞くと、本当に「え、プロじゃないの?」と思えてしまう方達ばかり。
世の中にはプロ顔負けの素人さんが沢山いるのですね。

その中でもお気に入りは、いい男いさじ氏。
歌声があまりに素晴らしく、聴いていて心地良いので
MP3にしてずっと聴いています。
ヘッドホンが耳を全部覆うタイプなので、蒸れて耳の中が痒くて堪りません。
でも、聴くのを止められない・・・。
私です 
私、凄く影が薄いんです。
休憩時間いつも隣の席に座っている人が、午後になってから
「あれ、今日もよこさん午前中いたっけ?」とか言うくらいに。
あと頼みごとをしても、いつも忘れられてしまう。
仕事で使う印鑑をした時も、三回頼んでやっと注文してもらえたし。
この間注文した作業着も、いつまで経っても来ないなぁ・・・と思っていたら
やっぱり忘れ去られていました・・・。
確かに私は小心者故に頼みごとをする時は極力控えめに、低姿勢にお願いするから
二の次三の次と後回しにされて、ついうっかり忘れてしまうのだろうけど
頼みごとをする度に毎回忘れられてしまうのは、結構へこむ。
もう本当に、存在感がないんだろうなぁ・・・と。

そんな人の記憶に残らない、影の薄い私は
普段仕事上で関わる機会がない人に、今日名前を呼んでもらえて
「おおお?なんでこの人私の名前知ってるんだ??」と感動してしまいました。
どういった経緯で私の名前を知ったのか、気になって仕方なかったです。
気になって気になって、もうそれは恋心にまで発展してしまいそうな勢いでした。
ただ名前を呼ばれただけですが・・・。
ただそれだけの事だけれど、別に私の名前なんて知らなくても支障ないはずなんです。
そんな人が「そこにあなたがいるという事を認識していますよ!」と。
そりゃもう、いてもいなくても誰も気づいてくれない私にとっては
そんなちょっとした事が、心底嬉しかったんです。

私、空気のような存在になりたいと常日頃思っています。
一緒にいても、構えずダラーっと自然体でいられるような。
そこにいる事は特別ではないけれど、いないと何だか物足りない。
そうお互い思える関係を築ければ最高なのですが・・・。

哀れ 
工場に出入りしているイケメン業者さんが
「もよこさんって綺麗だよなー」と話していたという、夢を見た('A`)
照れながらも、内心浮かれるという生々しい感覚がやけにリアルで
目覚めてそれが夢だったと悟った瞬間、どっとくたびれた。

こういう夢は本当に嫌だ・・・。どんだけ自意識過剰だよ!
それとも自分で自分を慰めているという事なのか?嘆かわしい・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。