スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反省と抱負の追記みたいなもの 
もうこの際出会い系でもなんでもいいから、自分から積極的に異性と関わる機会を増やしていこうなんて、つい先日まで息巻いていたのですが、考えてみたら人並みにも至っていない私が、そういう場に潜伏するという事はテロ行為だという事に、はたと気づいてしまった。
なんでもいいんですけどね、「私と一緒にいると、こんな特典があるよ!」っていうものが、私には一切ないんですよね。自分を他人にお勧め出来ない理由なら沢山思い当たるのですが・・・。だから、私が自ら人との出会いの場へ赴くという行為は、結果として不幸を撒き散らすという事になるよな・・・って。

そんな事を考えていると出会い系サイトという、私の中では最終手段であったものに手を出す事すら、なんだか申し訳なく思えてきて、ただじっと、起こらない奇跡を待つしかないという結論に行き着くのです。

と、なんだか色々と言い訳がましく書いてみたけれど、結局のところ現状から抜け出す為にあれこれするのが面倒だったりもする。波はあるけれど、常日頃彼氏が欲しいなんて思っているわけじゃないし、私が彼氏欲しいと思うのは純粋に必要だと思うからなんじゃなくて、ただの20代後半という年齢による焦りが大半を占めていると思う。あとは未知の経験に対する好奇心であったり。

焦りだすには遅すぎるけど、それでもこれからの人生の中では今のこの瞬間がまだ一番若いという事を考えると、多少気が乗らなくても今のうちにやれる事はやっておかなきゃいけないよな・・・と思ったりもする。何もしなければ、今私が20代前半をボーっと過ごした事を悔やむように、30代40代になってまた、今のこの瞬間を悔やむ日が必ず来ると思うから。

結局自分の頭の中でさえも、方向性が定まっていないんですよね。「もう現状維持でいや」という気持ちと、「今のうちになんとかしなきゃ」という気持ちが交互にやってくる。個人的にはあれこれ考えずに現状打破の方向で突っ走って頂けた方がいいかなと思っているんですけど・・・。なまじ今の生活に満足しちゃったりしている分、それをあえて変えようなんていうのも腰が重い話で・・・。

こうやって考えれば考えるほど、自分の頭の中では収拾が付かなくなってきて、もうなんだかどうでもいいやヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ・・・となるわけです。言ってることが二転三転、つまり何が言いたいのよ?って自分でもよく分かりません。2007年最終日である今日、ツラツラと思った事を書きなぐってみました。長文駄文でごめんなさい。


この歳になって脱喪をしようと奮起してから早8ヶ月。目立った進展もなく、更新も滞り気味、ブログ名とはかけ離れたつまらないただの日記になってしまい申し訳なく思っています。来年こそはテロにならない程度に人と関わっていきたいなと思っていますので、生暖かく見守って頂けると嬉しいです。
私のブログに訪れて下さった名前を知る事も出来ない訪問者の方々、誰かが見てくれているという事が、私にとって凄く励みになっていました。本当にどうも有り難うございます。

それでは今年も残り僅かですが、良いお年を(^o^)ノ~
そして来年が皆さんにとって良い年でありますように・・・。
スポンサーサイト
メガネがないと始まらない 
5年振りにメガネを新調してきました。本当は細めのフレームが好きなのですが、その場合レンズの4分の3がフレームからはみ出てしまう・・・。なので今回は初めてプラスチック製のオサレメガネ(あくまで私の中では)の購入に踏み切りました。
見た目の良し悪しなどは私にはよく分かりませんが、フレーム内にレンズがキッチリと収まってくれていたので、それだけで大満足。買って良かったです。

「メガネは顔の一部」とよく言いますが、確かに普段メガネをかけている人がメガネを外すと、かなり印象が変わりますよね。私も今年の春先、小6からかけ続けていたメガネ生活に別れを告げ、コンタクトへ移行したのですが、メガネをかけていない自分に慣れるまで、相当気恥ずかしい思いをしました。

そんな思いをしてまでコンタクトへ完全移行したのは色々理由があるのですが、その中で密かに「地味さを払拭したい」という想いはありました。世の中にはメガネをオシャレなアイテムとして使いこなしている方も沢山いますが、私のメガネ姿は最高にダサかったと思います。
まさに牛乳瓶の底そのものだった分厚いレンズ。上げても上げてもズリ落ちるメガネ。オマケに私のメガネは何故かいつでも斜めに傾いていました。

そんなメガネを全くオシャレじゃない私がかけたら、それはもうダサに拍車を掛ける呪いのアイテムでしかありません。でも「地味なあの子がメガネを外したら、実はとんでもなく美人だった」なんてのは夢物語で、「ダサい私がコンタクトにしても、やっぱりダサかった」。
ときめくシチュエーション 
最終日、職場で大掃除をしたのですが、その時に作業着に付けていたバッジを引っ掛けてしまい、安全ピンの部分をかなり酷く曲げてしまいまして。社員さんに「新しいの貰えませんか?」と頼んでみると、「今在庫がないんで・・・あ、俺のと交換しましょうか?俺のバッジ、中の表示が逆さまになってて結構カッコいいですよ(笑)」と、冗談を言いながら自分が付けていたバッジを外し、「俺はクリップで挟むだけなんで大丈夫です」と、私のバッジと交換してくれました。

特別その人に好意を抱いていたとかいうのはないんです。ただお互いが普段身に着けているものを交換して、その場でまたいつも付けている場所につけ直す・・・というシチュエーションに心底ときめいた・・・。一瞬自分が喪女であるという現実を忘れ、目の前で繰り広げられている場違いな展開に舞い上がった。ありがちな事のようで、改めて思い返してみても、こんな状況って過去にないんですよね・・・。

「在庫ないから我慢して」では済まされなかった、この奇跡。
錯覚であっても、幸せ気分が味わえて良かった。
反省と抱負みたいなもの 
今年もあと少しで終わり。なので、私がこのブログを始めた当初の目標でもある「脱喪」という事に関して、ざっと反省してみたいと思います。

やっぱり彼氏いない暦=年齢のまま新年を迎えそうです。28歳、今年も難なく記録更新。
今年は異性との出会いの機会を増やすような努力は一切しませんでした。というより、そこまで至りませんでした。

特別な事は何もしてないけれど、日常「異性と話す練習」を意識する事で、大分耐性がついてきたように思えます。以前は相手が異性というだけで誰彼構わず妙に意識してしまい、緊張してまともにしゃべる事さえ困難でしたが、割と落ち着いて話せるようになったと思います。
ただ愚痴や不満を人にこぼす機会が増えてしまったのは、良くなかったです。大抵吐き出した後に物凄い後悔をし、相手に申し訳ない気持ちで一杯になりました。どうする事も出来ない不満は、チラ裏にでも書いてこの世から抹消すべきでした・・・。

来年は話す内容に重点を置きたいです。私が関わっている人は浅い付き合いしかない人達なので、聞き手に負荷のあるネガティブな内容は避けます。一体何を履き違えたのか、私は相当煩わしい人間だったと思います。周りにいた方に本当申し訳ない・・・。


ネット上での活動が活発だった頃と比べると、それが一切絶たれ、人との関わりがリアルでのみだった今年は、かつてない程に異性と縁のない一年でした。
顔の見えないネットを介してなら、人とまともに会話が出来ない私でも、それなりに人と知り合う事も出来たし、そこから声のやり取りをするくらいの間柄になるのも、そう難しくもありませんでしが・・・。

こんな私でさえも割りと簡単に受け入れてもらえる、ぬるい生活を長く続けていたので、この現実の厳しさに衝撃を覚えました。個人的なやり取りどころか、私は挨拶程度のやり取りを繰り返す事で精一杯。ここからどうやって知り合えと・・・。
別に特定の人を攻略しようってわけではないんです。ただ人と出会って、お互いの事を話したり出来るようなささやかな関係になりたいだけなのに・・・。

少しの勇気でそれが可能なネットの世界。拒まれる事もありますが、リスクが少ない分それによってのダメージもかなり軽減されます。でも同じ事を現実でやろうと思うと、それに必要な勇気はビルの屋上から飛び降りるに匹敵します。つまり実行不可能・・・。

それなのに世間の人々はそれを軽々とこなし、出会ったり別れたりを繰り返しているというのだから、心底尊敬してしまいます。私には到底無理だよ・・・。
でも面と向かって言葉を交わす練習というのは、今の私にはまだまだ必要な事だと思うので今後も日常で意識していきたいと思います。そして来年からはまたネットでの人との関わりも大事にしていきたいです。あの、すいません・・・なんかチートっぽいですが・・・。だってほら、私も28歳ですし、あんまり悠長な事も言っていられないかなって・・・。それにネットなら共通の趣味って事にもなりますし、無理やり紹介してもらったりするよりよっぽど自然で、長い時間をネットに費やしている私にとって、それは必然だったりするんじゃないかと・・・。

ダラダラと長く書きすぎてしまったので一旦切り上げ。明日から9連休。時間だけは腐るほどあります・・・。
メリークリスマスです。 
朝着替えてたらいつも履いているジーパンがギチギチだった。いくら洗濯したてだからといっても、明らかにいつもよりキツイ・・・。昨日生理になったから、むくんだのかな・・・。いや、昨日ケーキを3つも食べたせいだろう・・・。そういえば最近全く体重を計った記憶がないな・・・。怖いのでいつかほとぼりが冷めた頃に、挑戦してみたいと思います。

071224_0148~001

我が家の猫ちゃん達に私からのささやかなプレゼント。甥っ子のクリスマスプレゼントが入っていたAmazonダンボールを使って、ダンボールハウスを作りました。不恰好な丸穴ひとつくり抜いただけの、簡素な作りです。箱のサイズに対して入り口がとても狭いので、妹には「鳥小屋みたいだね」と言われましたが、それでも猫ちゃん達は気に入ってくれた模様。
私が部屋にいる時は、ずっとそのダンボールハウスの中で眠ってくれています。こんなに喜んでくれるのなら、次はもっとかっこいいダンボールハウスを作ってやろうと思いました。そしていつか、本物のキャットタワーをプレゼントしてあげたいです。

彼らと出会えた事で、私はこの一年が最高に素晴らしい年だったと言う事が出来ます。ありがとう。
この手の夢程、へこむものはない 
世間の人々がこぞって洋菓子屋さんに群がっている今日、私は和菓子屋さんへ団子を買いに行きました。いつも買う焼きたて焼き団子を6本と、今日はクリスマスイブだし普段は買わないイチゴ大福を二つ。そしたら団子屋のおばちゃん、「いつもどうもありがとう!」と、イチゴ大福をもうひとつオマケしてくれましたヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
しかし帰宅後、物凄い頭痛に襲われダウン。せっかくの焼きたて団子が、硬くなってしまった・・・。

その仮眠中、また夢を見た。知らない人ばかりがいる飲み会のような席。その中に、中学生の頃好きだった男の子がいた。当時の姿とは違うけれど、その子だという確信はあった。ときめくような展開だった気もするけれど、残念ながら細かい内容は忘れてしまった・・・。

普段は思い返す事もないというのに、なぜかこの時期の夢に出てくるのはいつもあの子。今年のバレンタインデー当日の夢に出てきたのも同じ子だった。
お付き合いという事に関しては全くの未経験だけれど、私も以前はそれなりに好きな人もいて、人並みにキャッキャする事もあった。片思いをした人なら他にもいるのに、今も夢にまで出てくるのは、中学卒業以来会う事もなかったあの男の子だけというのは、きっと長い時間を経て、私の中で完璧な存在になってしまったからなんだろうな、と思っている。

こういうイベント時に限ってこんな浮ついた夢を見てしまうと、「クリスマスイブ?関係ないね!」と強がっているだけで、内心は違うのかな・・・と少しへこみます。
初めてのプレゼント選び 
兄にPC内部の掃除をしてもらったおかげで、起動時の怪しい動作はなくなりました。ただどうしても電源ボタンがスムーズに戻ってきてくれないので、強く押しすぎるとボタンが戻らずそのまま再起動がかかってしまうという状態ですが、起動しないという最悪の事態は免れる事が出来ました。

その時ついでにOSの入れなおしもしていたので、この週末あまりのCD枚数の多さに手をつけられないでいた、SIMS2の再インストールを決行しました。
本体+データセット6つ+追加パック3つ。CD枚数はそれぞれ1~4枚なので、インストール時にCDを出し入れする回数は半端ない事になります・・・。これだけの量になると、まとめてインストールするのは結構ダルい。
071223_2110~001


明日はクリスマスイブ。今年、私は生まれて初めてクリスマスプレゼントを買いました。甥っ子に・・・。初めてのプレゼント選び、相手はまだ2歳の甥っ子なので何を選んでいいのかさっぱり分からず、プレゼント選びにはもの凄い時間がかかりました。興味を引くようなおもちゃは沢山あるけれど、どれもすぐ飽きがくるような気がしてしまう。それにもう既に兄の家には子供用おもちゃが山のように積んであるし・・・。
散々悩んで「くすぐりエルモ」に決めました。初めてあれをYOUTUBEで見た時の衝撃ったら・・・!甥っ子がすぐ飽きてしまったとしても、あれならぬいぐるみとして部屋の片隅に置いておいても、邪魔にはならないかなぁ・・・と。
びっくりして泣かれないといいのですが・・・。
年の瀬、毒女の集い 
週末仕事場の人達4人で、居酒屋さんに行って来ました。今年の夏頃と同じメンバー、毒女の集いです。

仕事の愚痴を話している時は良かったのですが、段々と話が恋愛方向に進んでくると、もう完全に私が割ってはいる余地がなくなります。プレゼントは何を貰ったとか、予算はいくらだとか・・・もう相槌を打つ事すら出来ないレベルです。

「もよこちゃん全然話してないよー」と言われ、「話す話題がない」と言ってしまえる私、本当に終わってる。賑やかな店内、明らかに浮いている私。なんで私ここにいるんだろう?そんな事を考えながら最後の方は、お酒飲んでもいないのに寝てました。
白ちゃの虚勢手術 
071213_1211~001

白ちゃの虚勢手術を済ませてきました。年頃になった白ちゃは外の世界に対して異常な程興味を持ち始め、寝ている時以外は殆どと言えてしまう程、ずっと鳴き続けているのです。夜中でもそれはお構いなしで、何を訴えて鳴いているのかが分からないので、一度そうなってしまうと白ちゃが遊び疲れて眠るまで、ねこじゃらしを使って気を反らせるしか方法がありませんでした。

手術を終えた白ちゃ。タマタマの毛が剃られていたので酷く痛々しく見えましたが、傷口は縫合せずに済むくらいの小さなもので、日帰りする事が出来ました。
手術を終えて三日経った今も、白ちゃの泣き声は収まらないけれど、以前よりは減ったようにも思えます。一番の違いは、それまで落ち着きがなくいつもソワソワ、茶トラもそれを察してか近寄らず、二匹が別々に過ごす事が多かったのに、今は以前のようにまた一緒になって遊んでくれるようになった事です。二匹が寄り添って眠る事も増えました。
白ちゃには大変な思いをさせてしまったけれど、無事手術を終えられて良かったです。
度が過ぎたリアクション 
同じ職場の子から離婚に向けて近々別居するつもりだという報告を受けて、なんでだかは未だに分からないけれど、全くの部外者である私が泣いてしまった。
その場では突然の事でびっくりして思わず泣いてしまったと言い訳したけれど、それは嘘。私はその話を事前に人から聞いていて「近々本人から報告あると思うから、その時は驚いてやってね」と言われていたので・・・。
私はその時「はぁ・・そうですか」くらいしか言い様がない、無関係の人が離婚したところでどうも思わないから驚くなんて無理!と言い切っていたら、「ダメよもこよちゃん、女優になりなさい!」と・・・。

とりあえず自分でもよく分からず説明が付かないので、明日仕事へ行ったら「うん、演じきったよ」と報告しておこう・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。