スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもよりは充実 
【金曜日】
主治医を変えてもらう相談をするはずが、結局いい出せませんでした…この根性なし!来月こそは…来月こそは絶対に言うんだ。じゃないと本当、今年いっぱい有給持つかどうかも危ういし…。

病院めぐりの後にヒトカラ。トイレに行く間も惜しんで、ただひたすら歌い続けた6時間。歌っている最中、初めて部屋に見知らぬ人が突撃してきた。まあ、相手は部屋をうっかり間違えてしまったお爺さんだったのですが…。ヒトカラだけにかなりノリノリで歌っていたので、ガチャっとドアが開いた時にはかなりビックリ、相手もビックリでしばし気まずい空気が流れていました。ちゃんと部屋番は確認しましょう。

【土曜日】
その日休日だった妹に誘われて、私の住む地域ではいわゆる繁華街に当たるような、ちょっとした都会に行ってきました。「買い物に行かない?」と誘われ、即答で二度断っていたけれど、たまには外に出なければ…と思い直して「やっぱり行く」と誘いに乗る事に。目的は買い物なんだけど、買いたいものはもう決まっているというから、そうは時間かからないだろうなって。

いつもしまむらユニクロで服を買っている私が、丸井の専門店でウィンドウショッピングなんて敷居が高すぎる。案の定、妹が目的のジーパンを探している短い時間でさえ居たたまれなくて、人でごった返していた1Fの入り口付近にまで避難してしまった。1Fでさえ一人でいると、店員が声を掛けてくるので妹とはぐれないよう必死だった。丸井の店員は皆一般客と見分けがつかないから、近づいてくる前に回避する事が出来ないのだ。気づいたらもう横にいて「何かお探しですか?^-^」なんて声を掛けてくるから、一分たりとも気が抜けない。

妹を待っている間に見つけた散歩用帽子をレジに持っていこうとしたら「それ本気で買うの?w」と聞かれた。しかも念を押すかのように二回も…!

【日曜日】
日中は寝て過ごして、今に至る。

そういえば私の携帯、テレビが見られるって事を知りました…!お兄が教えてくれなければ、この先もそんな機能を使いこなすことなどなかったでしょう。うちは家のテレビじゃ放送が見られないので、携帯の小さい画面であってもテレビが見られるのは本当に嬉しい。かといって、今まで見られなかった分むさぼるようにテレビを見るってわけではないんだけど…。元々テレビよりネットしていたい人だったし。ただその気になれば見られるというのが、嬉しいんですよね。

早速昨日の晩、数年振りにカウントダウンTVを見てみたのですが、かなりの数の演歌がランクインしているんですよ。しかも上位にまで演歌がランクインしていてビビッタ。今は演歌がはやっているのかと一瞬思ってしまった。そういうわけではないという事は、ネット上のニュースでなんとなくは察する事は出来たけども。こうやってたまに見るとテレビも面白いなぁ。

買い物に行った時にタワーレコードかなんかの街頭モニターにも出ていた、羞恥心とかいうグループはなんなんだろう。羞恥心というわりに、羞恥心の欠片もなさそうな格好だねと妹と話していた。あれもアイドルグループなのだろうか…。どうせ羞恥心というの前面に出すなら、もっとピュアボーイ路線で売り出してくれればいいのに。あの格好じゃあ、なんかネタっぽくてなぁ…。
スポンサーサイト
もう、パソコンばっかり! 
080629_1810~01
パソコンに噛り付いていたら、ネクちんにキーボードとマウスを押さえられてしまった。ネクちんの胸の下で育まれている、黒光りしている物がマウスです。
早々と撤回を 
一晩寝ながら考えてみたけど、昨日のアレはやっぱり負け惜しみだった。

きっと多分、もし彼氏とやらが出来たら可能な限り生活を切り詰めて、交際費を捻出するんだろうなぁ。元々の収入は少ないから、切り詰めたところでそこに費やせるのは大した額ではないのだけれど。ただまぁ、今はそんな事している場合ではないっていうのがあるので、彼氏なんて作れた身分ではないというのは確かなんだけど。さわりの部分だけをちょこっとでも楽しめれば、今は満足かな…っと。というか、それで満足しておかないと先が無い。本当にそんな事で、浮かれている場合ではないのだ。

今日はこれから病院です。今後有給消化せずに通院する為に、土曜に診察している先生に主治医変更してもらえるよう、相談してみようと思う。仕事に行くのは苦どころか、異性と唯一接触できる可能性がある場所でもあるから極力休みたくはないのだ。まあ、大抵はおばちゃん達と他愛も無い話をして、一日を過ごすのだけれど。それはそれで楽しいのだ。
しかも保険が利くという 
次回は「え、そこ虫歯だったんですか?」というような箇所の治療をするというから、とうとう私の歯医者通いにも終わりが見えてきました。私にとって歯医者さんは歯の治療をする為だけではなく、心身ともに癒される、月に2回のささやかなご褒美のようなもので、今後もう通えなくなってしまうのだと思うと本気で悲しい。「お金なら払うから通わせてくれっ><」と嘆いていると、職場の毒女さんに「もよこちゃんにお金持たせたら、ロクな使い方しなさそうだね」と言われた。

確かにホスト通いに近い感覚であるとは思うけれど、それは相手が歯医者さんだからであって、ホストクラブにはまってしまうかと言うと、たとえいくらお金が有り余っていてもはまる事はないと思うんですよね。日常生活で異性に構われる事もなければ、優しくしてもらえる事すらない生活を送っていると、あからさまに自分に良くしてもらえても、如何わしいという感覚しか芽生えないように思えます。だからやたらとフレンドリーに接してくる男性美容師さんなんかも、私は苦手。仕事だからと無理してるんだろうなぁ…って、逆に私まで気疲れしてしまう。

その点歯医者さんは、患者を気遣う事があっても媚びる必要なんて無いわけですから、私も卑屈になる事なく、自然に受け止める事が出来る。歯の治療という名目があるから、異性と大接近したってドギマギする事なくリラックスしていられるんですよ。もしこれが歯の治療でなく日常であったら、きっとパニックに陥ってしまうと思う。もちろん歯の治療なんて建前でなくても、日常生活でその癒しを受けられる事が出来たら、そんな素晴らしい事ってないとは思うけれど、現状の私の生活はそんな要素は微塵もないのだから仕方ない。それに相手が歯医者さんと言う高嶺の花的な存在であるからこそ、限られた時間を割り切って楽しむ事が出来ているというのもあると思う。手が届いてしまいそうな存在であったら、きっと欲が出てしまうと思うから。

強がりでも負け惜しみでもなんでもなく、現状の生活を続けていく限りは、彼氏なんて作っている経済的余裕なんてないです。私と同程度の生活レベルで普通に交際している人だっているのだから、それは不可能な事ではないのだろうけど、私にはちょっと考えられない。私にとって未知の彼氏とやらの存在の価値は、その程度…って事なんでしょうけど。こんな私でも、一度味を占めたら男なしでいられなくなってしまうのだろうか…と思うと、一生そんな目くるめく世界を知らずにいるのも、ある意味幸せなのかもとか思ってしまった。

だからまぁ、月々数千円の出費でちょっとした刺激を味わう事も出来る歯医者さんが、私にとっては都合のいい存在だったんですよね。それがこの先なくなってしまうなんて…!
それが現実なのよねー 
080608_2223~01
自分ではどうにもならない、目を背けたい現実を抱えているせいか、ここのところ酷く無気力で、仕事から帰ってきてすぐ横になってウダウダと過ごす日々。それもこれも現実逃避。だってどうにもならないんだもの…!
かつての姿 
この週末、FF4と昼寝しかしてない。特別眠かったわけではないんだけど、何かをする気力がないものだから、とりあえず横になって過ごしていた。作業着のアイロンがけもしていないし、お風呂にさえ入っていない。これだけ寝たのだから多分早起きできるはず、だからやり残している事は朝やればいいかー、と後回し。

お兄にパソコンを見てもらうのに、本体からケーブルを外していたら、パソコンの裏から以前撮った証明写真が出てきた。日付は3年前になっている。私は高校卒業してから完全に人付き合いを断って、働く為に外へ出る以外は引きこもり生活だったので、この頃の思い出もなければ写真も全く残っていない。3年前といえば全く外見に手を加えてなかった頃だから、これは貴重な写真だ。

080622_1044~01


使った痕跡があるけれど、何の為の証明写真だったのかは記憶にない。顔面に関してはやはり3年前というだけあって、驚くほど今より状態が良かった。というか、たった3年でここまで衰えるものなのかと。。。骨格が変わってしまったのではと思えるくらいに、肌のハリが無くなっている事に気づいた。顔の肉が明らかに垂れ下がっていた。たった3年で。。。

ただ髪型は酷すぎて吹いた。まるで黒マジックで塗りつぶしたようなこの頭!髪のフサフサ感なんて皆無で、頭部の形が丸分かりです。よくもまぁ、これだけペッタリとさせられるものだと、感心してしまうくらい。見栄えの事なんてサラサラ頭には無く、ただ煩わしいからビッチリと束ねてみましたといった風なこの髪型。今これをやれと言われたらかなりキツイ。でも当時はこの髪型を恥じる事もなく、平然と過ごしていたのだから、本気で外見を取り繕う事に無関心であったんだろうな。

これからは記録的な意味で、自分の姿をちょくちょく残していこうと思う。今は携帯カメラで簡単に撮影できるし、パソコンに残しておけば現像する必要もないので、昔に比べたら大分お手軽。
助けてお兄。。。! 
突如モニターが真っ暗になってしまった。でもWindows起動音は鳴っているので、モニターに出力されていないだけのよう。翌日お兄に電話して聞いてみると「グラボが死んだんじゃないの」。元々半壊状態で使っていたので、ついにこの日が来たかと大して驚きもしなかった。ただPCを丸ごと買い換えるお金なんて、今の私にはないのだ。ここのところパソコンでゲームもしていないし、とりあえず普通にネットさえ出来ればいいから、グラボだけどうにかならないかと相談してみると、丁度古いグラボが余ってるからと、その日の夜のうちに来てくれる事に。

「面倒だから修理に出せ」とか「気が向いたらな」とか言われてもおかしくないのに、迅速丁寧なこの対応。平日は身を粉にして働いている、普通の妻子持ちリーマンだというのに、なんてこの人はこうも実家思いなんだろう。それはきっと私達があまりに頼りないからなんだろうけど。。。家族が眠ってからか日付が変わる頃にうちきて、あっという間にグラボ交換してアッサリと解決して下さいました。本当にありがたい事です。お礼に用意していたゼリーを渡した。

その後夜中の2時過ぎまで母と話していた。うちに来ると大抵こうやって長話をしていくのだ。元々口数の多い人ではなかったけれど、多分子育てやらで色々ストレスとかがあるんだと思う。私にはそういう事は良く分からないから、以前と同じ様にネットの事やらゲームの話をするようにしているけど、今はその手の事に関心を持つ余裕はないみたいで、少し悲しい。
二重体験 
睡眠時間、コンタクトの調子、化粧具合、肌の状態・・・様々な条件が揃った結果、今日一日両目共に二重の状態で過ごすという奇跡が起こりました。一時的に目の開き具合によって二重になる事はあっても、今日のように常にキープというのはそうない事。

二重になったからと言って必ずしも顔面レベルがUPというわけではないけれど、一重と二重じゃ大分顔の印象が変わりますし、そもそも一時は必死にまぶたを糊でくっつけていたくらいに憧れていた、念願の二重。良し悪しは別にしても、とりあえずは嬉しいものです。両目二重の自分の顔に違和感を感じつつも浮かれ、今日一日はいつもよりも多めに鏡でチェックしてしまった。

コンタクトを外して化粧を落とせば元通りになってしまうんだろうな・・・と思い、その前に記念写真をパチリ。改めてみても、やっぱり二重になったというだけで大分顔の印象が変わるなぁ。案の定洗顔を終えた頃には、元の片目二重に戻っていた、残念。
アホな子って流行ってる? 
イライラし過ぎて気が狂いそうだった、残業1時間半。

私を含め3人で不慣れな仕事をああだこうだ言いながらやっていたのだけれど、偽天然女二人に囲まれての仕事だったから、精神的にかなり過酷だった。この二人、確実に誰よりもテキパキと仕事が出来る人なのだ。それでもってトップレベルを争うくらいに性格がキツイ二人なのだ、本来は。不慣れな仕事にも素早く慣れ、二人でちゃっちゃと仕上げていく様を、ただただ眺めるだけの私。

「なんだ、私いらないじゃん」と不貞腐れていると、とある男性社員が私達の様子を見に来た。すると、それまでテキパキと働いていた二人が豹変。一人はあからさまに頭が足りなさそうな口調になり、「一生懸命理解しようとしているものの、どこかズレている子」を演じだす。「あの子は女優よ」とおばちゃんがまじまじと言うだけあって、その演技力は確かだ。女の私でさえちょっと可愛いと思ってしまうのだから、男性には堪らないであろう。

もう一方は35にもなるというのに右と左が分からないと言う。「お箸持つ方!」という定番の突っ込みをされると、自分の左右の手を交互に確認しながら「えっとぉ・・・うんとぉ・・・こっち!」とかって、恥ずかしげも無く言っちゃうような人で、とてつもなく寒い。

私なんかからみると、彼女達の言動は天然キャラというよりもただのアホにしか見えないんだけれど、男性はそれがいいという。現に彼女達はあのおばちゃんばかりの工場で相手を見つけ、目下社内恋愛中なのだから、それは確かに男性から支持されている行為なんだと思う。

天然キャラは確かに可愛い、けど天然と言われている人の殆どは意図的にそういう演出をしていると思う。でもその演出がどんなに白々しくても、男性にそういう印象を植え付けられる事ができた彼女達は、やっぱり成功者なんだろうな。ぜんっぜん羨ましいとは思えないけど。まっ、負け惜しみで言ってるんじゃないんだからね・・・っ!

そういう事で神経すり減らしてストレスを溜め込む、舞台裏の彼女達の姿も見ているので、「それはそれで大変なんだなぁ・・・」と思っていますけど。そういう術も当然有りだなとは思っているし、正直なところ習得できるものなら私だって習得したい・・・!ただそれは難しい事だと分かっているので、私は私の生きる道を模索したいと思います。

ってか、世の男性達は素直に「ハハッ、お前ホントに馬鹿だなー。まっ、そこが可愛いんだけどっ!」とかって思っているんだろうか?あの白々しい演技に気づかないなんて、有り得るんだろうか・・・?流石にそれを見破れない人なんていない、そうであって欲しいという願望。それが天然であろうが、演出であろうが大した問題でないって事なのかな。うん、そんな気がしてきた。

【今日の散歩】
残業だったので無し
言われる方もみじめになるんだよ 
母とスーパーに買い物へ行ったついでに、ATMでお金を下ろす。財布だけ持って出てきていたから、下ろしたお金を銀行の封筒に入れ、「バッグにいれておいて」と母に預けると、その場で封筒の中身をチェックされた。「ちょっ・・・!なに中身チェックしてんのw」と言うと、「お母さんにお金貸してくれないかなぁ~って」と冗談ぽく言われた。その時は冗談として流して終わったんだけど、多分本気でお金ないんだろうなって思うと、気が滅入る。

何か予定外の出費があって足が出てしまうというなら仕方ないと思えるけど、今月に限って言えば特に何もなかったはず。多分4月頃にあった自動車保険の支払いから、やりくりできなくなっているのだと思う。保険代は妹が立て替えたみたいだけど、それを分割で返済する事になっているらしく、その月々の支払い分があるというだけのはずなのに、やりくり出来なくなってしまうというのだから理解し難い。1万くらい、どうにでもなるだろ・・・。手取りは私よりも多いわけだし、いくら車の維持費がかかると行っても、病院3つも通って猫2匹飼育している私より、自由になるお金は多いはずなのに。

お金がないと言いつつも、エビスビール飲んでたり240円もする食パンを買ってくるのは、現実逃避なんだろうか?頭おかしいとしか思えない。ビールを我慢する事よりも、娘に借金を頼む方が彼女にとって楽なんだろうか。お金を借りるという事に慣れてしまったんだろうか。本当に勘弁して欲しい。

一角が崩れれば成り立たなくなってしまう今の生活で、こういう事が続いてしまうのは非常に良くない。今までは親がお金に困っているというみじめな状態が嫌で、私が出来る範囲で協力していたけれど、今後は無条件で援助するのは一切止めにする。彼女の現実逃避癖をどうにかしないと、この先私と妹は確実に足を引っ張られてしまう。以前その辺りを言及して取り乱された事があるから、出来る事ならそこには触れたくないけど・・・。遠まわしに、少しずつ方向転換させていけたらいいなと思う。

【今日の散歩】
46分/6097歩
なんて健康的な日曜日 
今日は天気がよくなりそうだったから、早めに散歩を済ませておこうと午前中に家を出た。空はモコモコとした雲に覆われていたから、時々雲の切れ目から日が差すくらいで、散歩には最適の天候だった。

いつもはグルッと土手を一周するだけだったから、今日はひたすら先へ進んでみた。先に進んでもやっぱり土手というのは変わらないけれど、いつもとちょっと景色が違うだけで、気分は大分違ってくる。見慣れない草花も、沢山見つける事が出来た。

080615_1156~01
雑草とは思えない色とりどりの小花が可愛くて、散歩しながらしゃがみこんで激写しまくり。その中でもこの花が一番のお気に入り。ケバケバのついていない固めのねこじゃらしのような草だったので、帰り際猫達へのお土産にと摘んで帰り、大好評だった。

川沿いにどこまでも続くサイクリングコース。「あそこの橋まで行ったら折り返そう」と決めるも、いくら歩いても橋にたどり着けない。視界が開けているから、すぐそこにあるかのように見えるのに、実際は4kmほども先にあったのだから驚いた。帰りの事を考えると恐ろしいので、3km地点で折り返したけれど、それでも遅すぎた・・・。

正午になって青空が広がり、直射日光が厳しく汗ダラダラ。喉も渇いたし、心なしかトイレにも行きたい。急いで家に帰りたいのだけれど、既に一時間もあるいていたから両足の小指が痛む。行きはあんなにも軽やかに歩けたというのに、帰りがこんなにもしんどいとは・・・。

うつろな状態でやっと家にたどり着いたのは、家を出てから2時間以上経ってから。流石にくたびれて、ご飯を食べた後に夜まで寝てしまった・・・。ウォーキングはダラダラ歩いては意味が無いようなので、無駄に長時間歩くのも効率が良くないなぁ。今後は1時間程度を目処に、シャキシャキ歩くようにしていこう。

080615_1221~01
四葉のクローバーを見つけた・・・!

【今日の散歩】
116分/13039歩

ちなみに消費カロリーは300kcalとあったけれど、無性にアイスが食べたくなったので、チョコクランチアイスを食べたら、たった1本で必死に歩いて消費したカロリーを、キッチリ補給してしまった。痩せるのって本当に大変な道なんですね・・・。
第6回 毒女の集い 
前回の集いで「もう二度と参加してなるものか」と心に決めていたはずなのに、いざ誘われてみるとキッパリ断る事が出来ず、煮え切らない態度でいると「じゃ考えておいてね」と言われ、結局正式に参加表明する事もなくしれっと行って参りました。

自分が腐ってさえいなければ、それなりに楽しめるものなんだ。よその部署で起こった話を聞いていると、あまりに悲惨で「それって冗談でしょ?」としか思えなかった。面白おかしく脚色されているとしか思えなくて、ゲラゲラ笑いながら聞いていたけれど、それが現実に起こっているというのだから恐ろしい。自分のところの現場がいかに平和か思い知らされた。何も起こらないとそれが当然だと、日々感謝する事もないけれど、いかに自分が恵まれた環境にいるのか忘れずにいたいと思った。

日付が変わる頃になるとどうしても眠くなってしまい、今回もやっぱり居眠りしてしまった。もう毎回恒例になっている気がする。「人前で無防備な姿(寝顔)を晒すなんて・・・!」と思っていた時期もあったけれど、最近はどうしても眠気には勝てません。むしろカラオケや居酒屋さんなどガヤガヤとした空間だと人がいるという安心感からか、とても寝心地がいいです。
居酒屋さんに6.5H程滞在して、帰ってきたのは夜中の2時近く。それから一度朝のゴミ出しで起きたものの、それからまた夕方まで眠ってしまった。やっぱり呑みに行くとくたびれるんだなぁ・・・。

最近散歩していなかったので、寝起きのまま日焼け止めと眉毛だけ描いて外に出た。歩き始めてすぐウォークマンの充電が切れてしまって、殆ど音楽なしで歩くはめに。音楽がないとあちこちに気が反れてしまって、ちんらた歩いてしまうという事が判明した。のんびりするなら音楽はない方がいいけれど、体の為に歩くのなら、黙々と歩く事に没頭できる音楽は必須だ。

【今日の散歩】
40分コース/3784歩

080614_1856~01
散歩中に見かけた猫。外猫らしいワイルドな顔つきの猫で、触らせてくれるどころか10mも近寄らせてくれなかった。一歩でも近寄るとタッと走りだし、距離をとってからまた振り返り、キッっと私を睨んでくる。
草むらを自由に走り回れるその境遇がうらやましかった。時々土手沿いで猫を散歩させている人がいるけど、あれってどうなんだろう・・・?うちの猫達も外の世界の音や匂いに興味を示すし、草を持って帰ると喜ぶから散歩させたら楽しんでくれるのかなぁ・・・。あまり外の世界に魅せられても困るんだけど・・・。
今までどこにあったんだろうね? 
ふと洗濯機の上に目をやると、コンタクトレンズがちょこんと乗っていた。外したときにケースに入れたつもりが入ってなかったのかなぁと思って確認してみると、ちゃんと二枚収納されていた。という事は、1ヶ月前くらいに失くしたと思っていた物が、今頃になって出てきたという事になる。

今更出てきてもなぁ・・・と思ったのだけれど、1枚8000円くらいするハードレンズですから捨てるのも惜しく、試しに洗浄して装着してみたら意外といけた。元々調子の悪い方のレンズだったし、流石に一ヶ月も野ざらしになっていたレンズを装着するのは目に悪いだろうから、いらないっちゃいらないのだけれど、予備があると無いとじゃ気分的にかなり違う。だからとりあえずお守りとしてとっておこうと思う。

帰宅後即居眠りをしてしまったので、今日は散歩無し。
悪意はなかったんだ 
仕事が終わって軍手を洗っていると、新卒の子が参入してきたので軽く雑談を交わす。カトゥーンのReal Faceを地でいっている、ギリギリで生きていそうないわゆるドキュンっぽい子でして・・・。見た目からして今どきの子っぽいから、とにかく恐ろしい。話し方もなんだか恐ろしい。研修中は極力関らないように勤めていました。なので研修期間中は殆ど絡む事はなかったのですが、研修が終わる頃に余っていた軍手を与え懐かれたのか、それからちょこちょこ話しかけられるようになりました。

流石に歳が10歳も違うと、異性として意識する事もないのでわりと気楽です。と言っても、私から話す事なんてないので、いつも一方的に繰り広げられる彼の俺流トークを、ウンウンと相槌打ちながら聞き流しているだけなのですが。

そんな感じで軽く話しながら軍手を洗っていると、隣の蛇口にニョッと手を伸ばす人影があり、その手の主を確認してみると年下社員さんでした。3つしか蛇口がない小さな手洗い場、右を向けば新卒君、左を向けば年下社員さん。しかも真ん中に陣取っている私はピッツァときたものだから、ひしめき合った状態だったんですよ。その密着間がとにかく照れ臭くて、なにか・・・何か言わなきゃ・・・と、瞬間的に必死に考え搾り出した台詞が

「ワーイ、若者に挟まれちゃったぁ(棒読み)」

最高にババくさい台詞でした。しかもそれ言うのにも照れが拭いきれなくて、言った後間髪いれず気持ち悪い笑い声まであげてしまった・・・。何より今年で29歳という妙齢の私が自らこんな言葉を発したら、言われた方もどう反応したらいいか困っただろうに。

私自身は年齢と言うのがあまり現実的なものでなくて、わりとそこら辺は無頓着だったりするのですが、世間的に言えばもう気軽に年齢を問う事も出来ないような、触れてはいけない領域に当たりますよね・・・。無頓着故に、平気でこんな無神経な事を言ってしまうのです。悪いことをしてしまったと、今は反省しています。

【今日の散歩】
46分/5771歩
ありえない事が起こる世界 
土手沿いを歩いていると、「すれ違いざまに突き落とされたらどうしよう」って不安になる時がある。もちろん故意でなくても狭い道だから、すれ違うときにぶつかってしまう事もあるだろうし、自転車の人の邪魔にならないようにいつも端っこを歩いているから、自ら道を踏み外すって事もあるだろう。場所によっては傾斜がかなりキツくて、転げ落ちでもしたら無傷ではいられないと思うし、たとえ無傷であっても、今の私にはあの土手を自力で登ってくる事は出来ないと思う。何かあったら・・・と思うと、いつもは持ち歩かない携帯無しに散歩には行けません。

流石にこの年齢にもなると、夕暮れ時に人気の無い土手沿いを歩いていても、いかがわしいトラブルに巻き込まれる気は全くしないけれど、秋葉原の通り魔事件とかの事を考えると、何も思い当たる節が無いから自分は安全だとはもう思えない。その時にそこにいたから・・・というだけで殺されてしまった人がいる。なんて恐ろしい世の中。

【今日の散歩】
50分/6316歩
おまかせします・・・ 
080608_1527~01

メーガス3姉妹に1時間半程お相手して頂いたので、セシルのレベルが40→66になって、この先お金にも困らないで済みそうです。

昨日中古ゲームショップを覗いてみたら、ゲームボーイアドバンスで出ているFF5もDSに対応しているみたいだった。いつかFF5もやってみようと思う。それより何よりFF1.2がやりたかった・・・。もちろんこれも自分ではやってないのだけれど、発売当時兄がやっていたのを見ていたから、音楽聴くと物凄い懐かしいと思える。FF2はメインキャラの名前に家族の実名を使っていたんだよなぁ。ストーリーは全然覚えていないんだけど、キャラ名が実名だったので、かなり感情移入しながら見ていたので記憶に残っている。

色々やりたいRPGはあるのだけど、自分でやるとなると面倒というのも正直ある。何度もやり直す気力なんて当然ないので、一度で全部やり切る為に攻略サイトを見ながらやるから、作業っぽくなってしまうというのも、飽きてしまう原因のように思える。FF4もエンディングまで到達できるかどうか・・・。
万歩計を買ってみた 
80分間歩き続けると、丁度1万歩になるみたいだ。一日一万歩って、そうそう簡単にクリアできるようなものじゃないな・・・。週末くらいはなんとかこなせるようにしたいと思っています。これから天気の悪い日も増えるだろうから、なかなか難しいと思うけど。

以前に比べてはるかに歩く機会が増えたというのに、体重は一向に減りません。やる気が削がれてしまうだけなので、体重計には乗らないようにしています。関節痛を和らげるための筋トレだと割り切って歩けば、ダイエットのような目に見えた結果が出なくても、それなりに楽しく続けられる事が出来ます。

それでもハッキリとした数字があると励みになるので、万歩計を買ってみたりしているのですが。体脂肪計も欲しいなぁ・・・。今まで一度も計った事ないんだけど、10年もパソコンに噛り付く生活を送ってしまったから、体脂肪も恐ろしい事になってそう。

【今日の散歩】
76分/9986歩
 
バンド名は知っていたし、曲も薄っすらと記憶にはあったんだけど。改めて聴いてみた、20年前くらいにもなるバービーボーイズの目を閉じておいでよって曲が、今更ながらカッコ良過ぎた・・・!

最初PVを見た時は思わずプッ・・・と吹いてしまうような状態だったのですが、聴き馴染んでくると個人的にはツボでした。バブリーな時代でなら許されても、今のご時世でこの曲のような俺様的なタイプの男性がいたとしたら、とても生き辛い事だろうとは思うけど。よっぽどの人でない限り、結構な確立で白い目で見られるのは必死な気がします。PVに出てくる人達も、いかれてるようにも見える、かなり際どい目つきをしていました。



ここまでくると、臓器に悪そうだ 
ワッ・・・!知らぬ間に6月になってた。あらまぁ、早いもんだナァと思うくらいで、特別どうって事もないんですけど。

金曜日の病院帰り、ついでに髪の毛も切ったり染めたりしてきました。美容院は済んでしまえば「言ってよかった」と思えるけど、やっぱり面倒。私は半年に一回通うのが精一杯。「また当分来れないと思うんで・・・」と、今までよりもグッと暗めの色に染めました。その方が髪の毛が伸びてきた時に、境目が目立たないからいいかなって。

んで今日は久々に天気も良かったから、自転車で3駅程はなれたショッピングモールに行ってきた。買い物目的というわけではなくて、ただぼんやり土手沿いを歩くのも飽きるので、気分転換にプラプラしようかなって。しまむら以外の服屋さんに行くのは1年振りくらいで。やはり残り物感が強いしまむらに比べると、心惹かれるアイテムが沢山ありました。散歩用の帽子以外は買う予定ではなかったけれど、なんだかんだと上から下まで新調してしまった。

いつも面倒だからジーパンの裾上げしないんだけど、雨が降ると裾がビチャビチャ、擦れて汚らしいから、今回は裾上げをしてもらった。ちなみにユニクロ4000円くらいだったから、しまむらジーパンよりは1ランクグレードアップです。先日の健診で腹囲84cmという記録を叩き出した私が購入したジーパンは、ウエスト63.5cmという不思議。その誤差20cm、マジックでもなければミラクルも起こりませんから、ジーパンから肉が溢れ出すという凄惨な状態になりますが、なんと言われてもそれが私のジャストサイズ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。