スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴木花子さんが、とんでもない男前でした 
今日は介護技術免除講習4日目の最終日。講義が終わるといつも最後に「山田さんと鈴木さんは連れて帰って下さいね(家で復習して下さいという意味)」と言われていたけど、私は一度たりとも二人を家に連れて帰った事がない。新人教育の事や勉強会、担当利用者の記録物などやらなきゃいけない事が山積みで、それどころじゃなかったんだ・・・。全く復習せずに迎えた実技テスト。胃が痛くなる程に不安でいっぱいだった。

実技テストの前に「基本動作さえ押さえていれば大丈夫」と連呼していたので、8つある課題のうち2つに絞って復習した。開始前5分前に課題が手渡される。テスト課題はやはり基本の「鈴木さんの車椅子での移動」だ。その5分間で必死にイメージトレーニング。衝立で仕切られたテスト会場に入室すると、そこにいたのは審査員である講師と、何故かパジャマ姿でベッドに座っている、とても男前で身長180cmはあろう巨大な鈴木花子さんでした・・・。

「鈴木さん、こんにちは。今日はとっても素敵ですね(男前という意味で)」
「もうすぐ娘さんがお迎えに来るので、玄関でお待ちしませんか?」
「おや・・・?鈴木さん。まだパジャマ姿のままですね?まずはパジャマを脱がないと・・・」
と、おもむろに鈴木さんのパジャマボタンを外したい衝動に駆られたものの、私の課題は車椅子での移動介助。服なんて脱がしていたら、不合格になってしまいます・・・はい残念。

この鈴木花子さんは本当にでかくて、まず手が腰まで回らない。届かないもんだから、仕方がなく密着しなければいけない。決してやましい気持ちからではない。でも実際もテスト中にそんな邪心を抱く余裕はなく、気づいたら終わっていた・・・という感じ。

結果は合格。嬉しい、でもやましい気持ちから再試験したかったよ・・・。まあ反省会でデモンストレーションをする機会があって、再度鈴木さんの移乗介助が出来たので満足です。2度目はもうそりゃしっかりと鈴木花子さんを満喫しました。この鈴木花子さんなら是非ともお持ち帰りをしたい。そんな楽しい免除講習会でした。終わり。

スポンサーサイト
 
新人担当になってから、彼らとどう付き合っていくか、どうやったら伸ばしていけるのかなーって考えている。

幸い私が個人的に担当している子は、子犬のように目をキラキラさせた、素直でいつも笑顔の可愛い女の子なのだ。人格ベースがとても優秀なので、今のところ新人教育で苦労した事はない。行き詰るのは記録物を扱うようになってからだろう。残念な事に彼女の日本語力は「ネイティブですか・・・?」と疑いたくなるほどに、壊滅的なのだ。あんなに素直で可愛い子だというのに・・・。意外と記録物の多い介護の世界、相当頑張ってもらわないと致命的なんだよな・・・。

リーダーは高圧的な態度で新人達に接しているので、彼らもきっと萎縮してしまっている事だろう。私がそうであったように。そうなると怯えて「いかに怒られないように立ち回るか」を考えるようになってしまうから、中間層に位置する私はフォローに徹していこうと思う。分からない事があっても、この人なら聞きやすいって思ってもらえるような人になりたいと思う。
 
30を過ぎた姉妹が、真昼間から激しい言い争いをする。
二人暮らしになってから、このレベルの言い争いは初かもしれない。母親と同居していた頃はちょいちょいあった気もするけど、二人っきりだと防衛本能が働くのか、「あ、ヤバイな」っていう段階でストッパーがかかって、それ以上に発展する事はなかった。

以下、気持ちの整理もかねてズルズルと書き綴ります。

続きを読む »

 
夏のボーナス支給、手取り30万弱。通帳をそっと閉じ、そのまま何もなかったように日常へと戻る。ボーナスは、ニャンズと暮らす中古マイホーム購入貯金に全額投入。中古物件情報を眺めるのが一番の楽しみ、夢が広がる。

いつものように出勤すると、非情な命令が下された。資格取得に向けて、週一回早朝勉強会へ参加して来いという。仕事前に片道40分かけて、たった一時間の講習を受けに行かなきゃいけない。なにより地域医療を担う我が医療法人理事長が、直々に講義して下さる大変有難い講習会ですよ。そりゃ昨年度の合格率90%超えちゃうわ。話を聞いただけで、そのプレッシャーから酷い胃痛を患っちゃったよ・・・。
 
去年の介護福祉士の問題を解いてみたら、92点(120満点)で余裕の合格ライン。勉強してないだけあって、仕事上では殆ど縁のない、制度や医療分野に関する問題は全く分からなかった。まぁ苦手分野がはっきりしたので、勉強する時はそこだけを中心にやっていこう・・・。

そして技術免除講習二回目。演習中は度々脇の下に手を差し入れられるのだが、緊張やら暑さで脇の下は終始じっとりとしていた為、申し訳なさで胸がいっぱいだった。今後はポロシャツを着ていこう・・・、と心に誓う。

ヘトヘトになって家に帰ってきて体重計に乗ってみたら、59.9kgという数字を叩き出した。5年振りくらいに60kgを切ったよヽ( ´ ▽ ` )ノ この調子で夢の58kgを目指したいな・・・と思いながらも、デパ地下で購入した海鮮広島焼きを、腹がはち切れんばかりにたらふく食べたが、大して美味しくなかった。そして体重は61.7kg。50kg台は儚い夢だった。
 
介護福祉士の技術試験免除講習に行ってきた。

介護福祉士の資格は筆記テストと実技テストがあるんだけど、実技テストはなんとお金を払う事により免除となるのだ。まぁ4日間の講習を受けなきゃいけないんだけども。

30人近くいるクラスメイトは、ほぼおばちゃんで構成されていた。そのうち男性は5人くらい。私の勤めている特養の職員は、20~30代で構成されており男女比は1:1。介護業界の中でも、体力的にキツイとされる特養は、やっぱりちょっと異質なんだなと思った。

講習は精神的な疲労感が凄まじい。しかも介護技術の講習なのに、何故か介護過程の宿題まである不思議。ただでさえ自分の所のモニタリングで忙しいってのに・・・。他にもやらなきゃいけない事盛りだくさんで、7月8月は地獄だぜ・・・。

 
今月は仕事関係で外へ出る予定が立っているので、久々に美容院へ行ってきた。私の美に対するハードルが低いせいなのか、美容院へ行くと必ず思っていた以上の出来に仕上げてくれる。美容室から一歩出れば、もうちょっとした女優気分よ。鏡に映る自分を見るのが楽しいのなんの。髪型以外はなんら変わってはいないっていうのに、ガラス窓にぼんやりと移る自分の姿は、まるで別人のよう。プロのスタイリングが維持できている間の、儚い夢だという事はわかっているけど、この時ばかりは本当に楽しくて仕方ないね。

帰りにスーパーで買い物して自転車を颯爽とこいでいたら、買い物袋の中からパンが転げ落ちちゃってね。慌てて自転車を止めて拾いに行こうとしたら、お店の回転準備をしていたお兄さんがパンを拾ってくれたのよ。とっても素敵な笑顔で手渡してくれた。あといつもは車が途切れるまで渡る事ができない信号のない交差点で、道も譲ってもらえちゃったし。美人って人生捗るなぁと帰宅した妹に話したら「幸せそうだね( ´,_ゝ`)」みたいな顔された。そのあと「その髪型昭和っぽいよね、もんぺとか似合いそう」とか言うなんて、酷いにも程があると思うんだ。
 
もうすっかり初夏でした(´ー` *)

仕事ではギチギチに詰め込まれたスケジュールを淡々とこなし、家ではニャンズとゴロゴロしながら至福のひと時。死に際に「一片の悔い無し」とはとても言えない人生だけど、ストレスフリーの楽な生活からはなかなか抜け出す事ができずにいる。仕事上ではどうしても他人と関わる事があるから、まぁそれなりにストレスを感じる事もあるけれど、それに見合った金額を頂けているので、特別不満もない。

楽さだけを追求した今の生活は本当に楽ちんで、日々「幸せだなぁ・・・」って思ってるが、最近「今日3回くらいすれ違っていつ見てもニコニコしてるんだけど、なんかいい事あった?」と言われ、ふと現状に危機感を覚えた。いや、今まではそう言われると嬉しかったし、それは良い事だと思っていたんだよね。だけど、本当に何もしてないんだよ・・・。楽であるために面倒な事を一切断ってるわけだから、そりゃ空っぽの人生になるわけだよ。本当にそれでいいの?っていう危機感。

でも知らぬ間に笑顔がこぼれてしまうほどに幸せすぎる今の生活を、あえて壊す危険を犯してまで新要素を取り込む勇気はない。これまで幾度となくそんな心の葛藤があったけれど、やっぱりどうしても楽なほうへ逃げてしまうのね。だって人間だもの(*´ェ`*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。