スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セクハラを受ける 
介護福祉士の勉強会メンバーの、食事会に参加してきた。知り合いが一人もいない完全アウェイの私は、理事長の隣の席という重要かつ最悪なポジションを割り当てられる。

これまで施設の飲み会では殆ど話す機会はなかったけれど、流石に席が隣同士という事で理事長とは結構話した。人からの噂やその態度から察してはいたけれど、理事長は私の事を相当気に入っているようだ。「何故そんなに評価してもらえるのか?」という、率直な質問をぶつけてみたところ、「冷静で落ち着いている。堂々としている」とか、そんなような言葉を頂けた。そしてしきりに「いい女だねぇ」と言っていた。散々高級クラブでキレイなお姉さん達をはべらしていたであろう理事長が、高齢喪女に賛辞の言葉を述べるなんて、ちょっと冷静に考えてみると滑稽である。現役世代に受けないというだけで、高齢者受けは良い私はやっぱりこの仕事は天職だったのかもしれない。

それはそうと、途中から太ももをベタベタと触られていた。セクハラなんて受けた事のない私はその対処法が分からず、そこに対して一切リアクションを取る事をしなかった。相手が高齢者という事もあってかそこに対していやらしさも感じず、割とどうでも良かったので私はそのセクハラ行為を完全無視していた。

帰宅後に妹にその話しをすると、「馬鹿じゃないの!」と強く叱られた。どうでもいいと思ってしまう時点でアレらしいが、なんであろうと拒否の態度を示さなきゃいけないらしい。ひとつは自分の評価を守る為。セクハラを受け入れてしまうと「あの人、ああいう事させて目を掛けてもらってるんだ」と思われてしまう。なるほど、言われてみれば確かにそうだ。実際勉強会でも私はかなりひいきされているので、今回の一件で事実そういう女となってしまった・・・。。あとは、理事長の評価も下げる事になると。黙ってベタベタ触ってたらただの気持ち悪いエロじいさんですから、そりゃそうだ。「もう~、理事長先生ったら。ダメですよ♪」みたいな感じで対応する事により、相手に引きどころを作ってあげ、そして酒の席でのお戯れという事で回りも軽く流してくれるようだ。なるほど、勉強になりました。

また機会があったら実践してみたいと思うけど、基本的に隣に座らずに済むように頑張ろうと思う。その場で上手くやり過ごす自信もないし・・・。彼氏がいないどころか、交友関係さえないと、「今更っ!?」って事が多々ある。こういう風に自分の未熟さが露呈する度に、恥ずかしい思いをするけれど、それが私なのだから受け入れて素直に日々勉強していくしかないんだなぁ。
スポンサーサイト
周りの家が素敵過ぎて卑屈な気持ちになる家 
クリップボード01

現時点での第一候補。ネット上の情報だけで却下されていたんだけど、「勉強」という理由で見学に行ったら、思いのほか気に入ってしまった。

外観に関しては気に入らないけど、今となってはもう見慣れてきたし妥協できるポイント。きっと外構工事をすればマシにはなるはず。駅から徒歩20分弱というのも、今とさほど変わらないので問題なし。

気に入ったのはメーターモジュールで作られているという所。廊下やトイレが広々としていて、室内の居心地が半端なく良い。そして何より環境が良い。どの家も土地が50坪以上あるから、家同士がかなり離れていて圧迫感が全くない。二階の部屋で少し腰を落とせば、窓に映る外の景色の大半が空になる。利便性は今住んでいるところより劣るけど、仕事に出る以外は完全引き篭もり状態の私にとっては、居心地の良さの方が大事な気がする。

あと200万下がったら買ってもいいかな?っていう話しになってる。今のままの値段だと、安い新築が買えちゃう値段だから、きっと下がると踏んでいるんだけどどうかな?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。