スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
化粧マジック 
化粧を練習するようになってから、もう2年くらい経ったでしょうか。化粧水すら使っていなかった私が化粧に関心を持つようになったきっかけは、例のネット恋愛時代。少しでも見栄えを良くしたいと意識して化粧をするようになったのが、去年の好きなバンドのライブ参加の為。練習をする為に毎日1時間近く費やして工場には似つかわしくない化粧を施し仕事に行っていましたが、最近では新しい化粧方法に挑戦してみる事もなくなり、毎日同じ作業の繰り返しになってきたので、もうこれ以上の上達は望めないと判断し、化粧の練習を終了する事に決めました。

今までは「練習の為に」という建前があったのでなんとかやってきたけれど、TPOを弁えないやたらと濃い化粧というのは悪目立ちをしてしまうから気が気じゃなかったし、作業着にガッツリメイクというのは噴出す程にアンバランス。職場では極力鏡を見ないようにしていたくらいですから。練習から開放され、肩の荷が下りました。

けれども一度化粧を濃くしてしまうと、それが通常状態の自分の顔…となってしまい、そこからトーンダウンさせるとなると意外と大変。アイシャドウの色合いを落としてみたり、アイラインを薄くしてみたりするんだけど、仕上がりを見ると物足りなさを感じ、描き足してしまう…という毎日。

それでも最近やっとこさふっ切れ、アイメイク一切無しで仕事に行く事が出来ました…!一度クリアしてしまえば、その後は楽なもんです。朝の出勤前の時間にも大分余裕が出来たし、薄化粧にする事で肌の負担もいくらか減るんじゃないかなぁと思います。

抜かりないしっかりメイクよりも、化粧してるんだかしてないんだか分からないくらいのナチュラルメイクに憧れるけれど、土台が悪いナチュラルメイクは目も当てられないな…と、今日も仕事が終わった後、自分の顔を鏡で見て思いました。でもまぁ、いつでも必死な本気メイクの人よりも、オンオフの切り替えが出来てる人の方が素敵だなぁと心底思っていたので、私も今後はオンオフの切り替えを…と思ったけど、今のままの生活じゃオンになる時がないな…(´△`;)
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。