スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生で最もくだらない嘘 
家に帰ってきてから思い出した…。会う前の事前メールや会ってる最中にも、自分からベラベラと仕事の話をしていたのだけれど、私は工場で働いているという事をひた隠しにしていたんだった…そう言えば。

伏せていただけなら何ら問題はないのだけれど、当時の私は事務職だと嘘をついていた。今の職場で働くようになったばかりの当時、工場勤務だという事は私にとって恥ずべき事だった。無職より恥ずかしい、そう思っていた工場勤務。だから私は伏せるどころか、嘘までついてしまったんだ。そんなくだらない見栄のツケが、今更回ってくるとは…。
基本的にゲーム内でリアルの事を話す事自体少なかったから、相手がそんな細かい事まで覚えているかどうか分からないし、そもそも相手にしてみたらそんな事はどうでも良い話なのかもしれない。だけど私が「ネットだからどうせバレないだろう」という安易な気持ちで嘘をついていたという事実は残る。こうやって何年も前についた嘘を自ら露呈させてしまい、恥ずかしさと罪悪感で胸が押しつぶされそうだ…。

私は正直な人間じゃない、だけど嘘が露呈してしまった時の始末の悪さは、今までの人生の中で散々体験してきた事だから、そういう打算的な考えから嘘はつかないようにしている。後々の事を考えると、そんな面倒を抱えてまで偽らなきゃいけない事なんて、そうはないから。今なら絶対そんな割に合わない嘘はつかないけど、ゲーム内での生活が中心だったあの頃だからこそ、そんなくだらない嘘をついてしまったんだろうな…と、理解は出来る。

くだらない…本当にくだらなさ過ぎて情けない。人に言えないような仕事なら、嘘なんてついてないで仕事変えたらいいのに。しかも現実生活で見栄を張るならまだしも、仮想空間であるネトゲの世界でリアルの職種を偽るって…。剣と魔法使ってのモンスター退治を生業とするMMORPGの世界で、リアル職種なんてどうだっていいのにね。当事の自分があまりに馬鹿過ぎて笑えてくるなぁ…。おかげで今頃こんなにも居たたまれない気持ちになっちゃったじゃないか…!

ハァ…台無しだ…。オフ自体は楽しかったのだけれど、これでもう全てが台無しだ…。いっその事今日一日の記憶を、丸ごと消去したいくらいだよ…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。