スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新築比較 
2100万円の新築と、3500万円の新築の内覧に行ってみた。ちなみに3500万の方は比較のために見に行っただけで、予算を大幅に超えている。

2100万円の新築は、想像以上にちゃちな作りだった。今住んでる賃貸か、それ以下の作りにさえ見える。価格を抑える為に庭は更地のまま。建具も必要最低限。好みもあるだろうから照明器具がないのは分かるけど、網戸くらいつけてくれよと思う。水周りの設備は賃貸よりはマシだけど、それ以外は本当に賃貸住宅と見紛うような家だった。

その後に見た3500万円のモデルルームは本当に素敵で、私達がその敷居をまたぐのは完全に場違いに思えた。一刻も早くその場を立ち去りたくなる程、居た堪れなさを感じるオシャレ空間だった。こんな家に住めたら、そりゃ明るい未来も思い描けちゃうよなぁ・・・って感じの家。

やっぱりまともな新築を買おうと思ったら、3000万近くはかかっちゃうんだろう。でも手の届くチープな新築も、一生ローン地獄の素敵な新築も嫌。どうせ買うなら私はその3000万クラスだった家を、中古で安く買いって思う。気に入れば築年数も気にならないけど、新品至上主義の兄からは猛反対を食らう。そしてその意見に翻弄され、二転三転と一向に方向性が一定まらない妹。はぁ・・・、こんなんでもいつか家が買える日が来るのでしょうか?
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。